おすすめ投稿

ネット完結タイプのキャッシングのスピードとその流れ

ここ最近では、キャッシングの業界ではネット媒体が存分に活用されています。そしてその媒体を用いた借り入れの場合は、かなりスピードが早いです。他の郵送などの方法に比べても、比較的速やかにお金を借りる事ができます。

ではその流れはどうなっているのかというと、数段階に渡ります。まず第1段階としては、ネット媒体てキャッシングができる業者のホームページへのアクセスです。するとたいていキャッシングの申し込みをする為のフォームがありますので、そこに必要な情報を入力していく事になります。

気をつけるべきなのは、誤った情報を入力するべきではないという点ですね。虚偽の情報は審査落ちの原因になるからです。

第2段階ですが、審査結果の通知です。メールか電話のどちらかの方法で通知してくれますが、その審査は2段階で行われているようです。

そして3段階目なのですが、審査に通った場合には入金されます。ちなみに入金されるのは、上記のフォームで入力した銀行口座に対してです。

ところでここまでの段階で、まだ契約書を発行していませんね。契約書を発行するのは、融資が完了してからなのです。金融会社から数日後に書類が届くのですが、そこに契約書が同封されています。カードが同封されているキャッシングの会社もありますね。その書類を返送する事で、以後はカードを用いての融資を受ける事もできるという流れになります。

ちなみにいわゆる即日での借り入れができる会社の場合、第3段階までの流れが非常に速いです。全てその日の内に完了するからです。

このようなネット完結型のシステムになっていますので、融資のスピードが早い訳ですね。

『金利』に注目して業者選びをする

キャッシングを利用する上で「どこの消費者金融(銀行)を利用しようか」と比較することになりますが、最終的に利用先を決定するうえで何を基準にするかを知らないと有効な選択をすることは出来ません。そこで、消費者金融選びに有効な比較基準を紹介したいと思います。いくつかの比較要素はありますが、中でも注目すべきポイントは『金利』です。金利は消費者金融を利用する際にほぼ100%影響してくるものであり、それによって支払い・返済の負担が大きく変わってくる可能性のあるものです。金利に関してより深く理解しておくと、便利に消費者金融を利用することが出来るようになります。

基本的に金利は低い方がお得になります。50万円の借り入れをしたと仮定して、金利が20%の場合は年間10万円の利息が発生します。しかし、金利が10%の場合には半分の5万円で済むことになります。つまり、同じ金額を返済していったとしても1年間で5万円が無駄になるかどうかが変わってきます。「無駄になる」と言う表現の意味は『元金が減るかどうか』です。支払う利息が少なく済めば、それだけ多く元金を減らすことが出来るようになります。元金が減らないと返済はいつまで経っても終わることはありませんので、如何に効率よく元金を減らすことが出来るかが重要です。

少しでも金利が低い商品を選ぶことで、結果的に見た目の最上のメリットを得ることができます。返済の負担を軽くすることは、確実に完済することにも繋がります。返済不能になると様々なデメリットがありますので、金利が低い商品を選び確実に完済できるようにすることが大切です。